大会名誉会長 ご挨拶


「能登和倉国際女子オープンテニス2019」が、今年も七尾市和倉温泉で盛大に開催されますことを、お慶び申し上げます。

この大会は13年目になり、世界女子テニス界の若手の登竜門として、大変重要な大会となっております。

今年もこの大会を通じて世界に羽ばたく選手が多くでることを夢見ながら、和倉温泉と言う世界的に有名な土地でこの大会が開催されるようになった縁を追い風として、この大会が歴史に残る大会として、末永く続くことを願っております。

 

大会名誉会長  森トラスト株式会社代表取締役会長

森 章

大会会長

本年も七尾市において、多くの選手をお迎えし「能登和倉国際女子オープンテニス2019」が盛大に開催できますことは、誠に光栄であり心から歓迎を申し上げます。


本大会は、世界の頂点を目指す選手たちによるハイレベルで白熱した試合が展開されており、今年もアツい闘いが繰り広げられることを期待しております。

この迫力あるプレーと感動が、国内のみならず、世界に広く発信されることで、大会はもちろんのこと、能登のさらなる魅力向上につながるものと確信しております。


さて、当市では、和倉温泉を拠点として、スポーツ合宿や大会の誘致に取り組んでおります。充実したスポーツ環境と、温泉による疲労回復、美味しい料理など、皆様から大変好評をいただいております。

また、豊かな自然と魅力ある歴史・文化が色濃く残された地域でもあります。市内には世界農業遺産「能登の里山里海」を体感できる『のと里山里海ミュージアム』のほか、上杉謙信も絶賛したと言われる戦国の巨大山城『七尾城跡』など、多くの見どころがあります。

滞在期間中はぜひ足をお運びいただき、能登七尾を存分に堪能していただければ幸いです。

結びに、本大会の開催にあたり、ご尽力されました実行委員会をはじめ、大会を支えてくださる皆様に心から感謝申し上げますとともに、選手の皆様のご健闘と今後益々のご活躍を心から祈念申し上げ、挨拶といたします。

大会会長 会長 七尾市長

不嶋 豊和

大会委員長

能登和倉国際女子オープンテニス2019にようこそ!この大会も七尾市に移って3年目となります。すっかり世界のテニスカレンダーでもお馴染みの大会となっています。

七尾市の暖かい“おもてなし”に海外から来る選手達もすっかり魅了されています。

2013年にこの大会に優勝したカロリナ・プリスコワ(2017世界ランキング1位)も2019ウィンブルドンでは大活躍し、「能登テニスの夢」を膨らませてくれました。

プリスコワのように後に世界で活躍する選手と身近に触れることができるのがこの大会です。一人でも多くの方が観戦に訪れて下さることこそ、選手への大きな励ましとなります。

是非、お友達を一人ずつ誘って、七尾市和倉温泉運動公園テニスコートに集合してください!

 大会CEO  佐藤 直子

大会ディレクター

能登和倉国際女子オープンテニス2019にようこそお越しくださいました。

今、日本の女子テニスは大阪なおみ選手の活躍により大変な盛り上がりを見せ、来年のオリンピックを迎えようとしています。

そんな中、今大会は北陸唯一の国際大会として世界を目指す女子選手の登竜門となり、多くの選手がここから巣立ってくれています。

今年もどんな熱戦が繰り広げられるのか本当に楽しみです。

この“能登和倉国際女子オープンテニス”が、能登和倉にとどまらず、石川を北陸を代表するトーナメントとして多くのテニスファンに愛され、そしてここから世界へ羽ばたく選手が誕生してくれることを心より願っております。

 

トーナメントディレクター 樗木聖  

更新日:

Copyright© 能登和倉国際女子オープンテニス2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.